和のカウンセラー 桝田良一 一霊四魂サポーター改め

一霊四魂(省・勇・智・親・愛)を理解することでコミュニケーション力アップ

0000014618.jpg

TOP ≫

一霊四魂(いちれいしこん)とは

一霊(いちれい)

省みる性格です。良心であり、自らの心にやましい事をしないことが大切です。
直霊とも直日とも書きます。なおひ、なおび、なおい と読みます。
 

生きている限り、いろいろなことが起こります。自ら起こすこともありますが、起きることもあります。それをすべて自らのためになると考え、考え、省みると言うことが大切です。

省みる方法はいくつかあります。
・畏(おそ)れることで相手に敬意を払います。 愛(幸魂)を補佐します。
・恥じることで責めなくなります。 勇(荒魂)を補佐します。
・悔(く)いる、悔(くや)むことで自らの反省を促します。親(和魂)を補佐します。
・覚りから、相手の良いところに気づきます。 智(奇魂)を補佐します。
 

四魂(しこん)とは

一霊が、中心となり、四魂(勇、親、愛、智の4つの性格)をコントロールすると言う考えがあります。

以下は、それぞれの性格を代表する表現です。人間ならばすべての性格を兼ね備えていますが、強い弱いがあります。それぞれの性格を理解して、相手と付き合うことでコミュニケーションが良くなります。

勇は荒魂(あらみたま)と呼ばれています。行動を中心に考え、カッコいい性格です。
親は和魂(にぎみたま)と呼ばれています。和を大切にします。場を乱したくありません。
愛は幸魂(さちみたま)と呼ばれています。人が大好きです。好き嫌いで判断します。
智は奇魂(くしみたま)と呼ばれています。知識を付けて極めたいと思っています。

四魂(しこん)とは

最新情報

  • 一霊四魂サポーター 桝田良一
  • あん共育社長ブログ
  • ログイン